インプラント治療

Implant 失った歯を補うインプラント治療

麹町・四ツ谷の歯医者「麹町ソフィア歯科クリニック」では、失われた歯の機能と審美性を補うインプラント治療を行っております。骨造成の処置にも対応しておりますので、他院で「骨が足りない」と言われてしまった方もぜひご相談ください。

歯が抜けた状態を放置するとどうなる?

歯が抜けた状態を放置するとどうなる?

歯が抜け落ちたとき「奥歯だから見えない」といった理由から放置してしまう方も少なくありません。では、失った歯をそのままにしていると、一体どうなるのでしょうか? まず、歯が抜けた部分をそのままにしていると、周囲の歯が空いた隙間を埋めるように移動したり、傾いたりしてしまいます。すると咬み合わせが悪くなるだけでなく、歯に余計な負担がかかるため将来的にさらに多くの歯を失うことにもなりかねません。また、顎関節症や肩こりなど、全身の病気を引き起こす原因にもなります。歯が抜けた場合は放置せず、速やかに歯科医院を受診しましょう。

失った歯をどう治療するか

歯科治療において、失った歯の機能を取り戻すためにブリッジ・義歯・インプラント主に3つの方法があると言われています。

ブリッジ 義歯 インプラント

「インプラント治療」

失った歯の機能と審美性を取り戻す「インプラント治療」

インプラント治療とは、歯が抜け落ちた部分に人工歯根(インプラント)を埋入し、その上から冠を被せる治療法です。

メリット

・隣の歯を削ったり、負担をかけたりすることなく、インプラント自体で機能することができる
・機能的審美的に製作することでご自身の歯と同じように噛むことができる

デメリット

・外科処置が必要
・費用が高額
・インプラントがご自身の骨に生着するまで時間が必要なためブリッジや義歯と比較して治療期間が長くかかる
・全てに適応できるわけではない(基礎疾患や喫煙歴などにより成功率が左右されると言われています)
・インプラント自身が歯周病になる場合がある

「ブリッジ治療」

「ブリッジ治療」

失った歯の両隣の歯を削り、繋がった被せ物を被せることで失った歯を補う方法です。

メリット

・取り外し式ではない
・装着感は自然
・外科手術の必要がない

デメリット

・両隣の歯を削る必要がある
・場合によっては両隣の健康な歯の神経を抜く処置が必要になることがある
・失った歯を補うために両隣の歯に負担がかかり、むし歯や歯周病を発症するリスクが高まり結果的に両隣の歯を失うことにつながることもある

「義歯・入れ歯」

「義歯・入れ歯」

失った歯の両隣の歯にバネをかけて固定させる治療です。

メリット

・基本的に外科処置不要
・基本的に他の歯を削る必要はない
・少ない来院回数で完成する

デメリット

・着脱式のため食事のたびに清掃が必要
・歯を失った部分の歯肉が痩せていく
・歯を失った部分の周りの歯を清掃するのは困難なため、むし歯や歯周病を発症しやくす結果的に周りの歯も失うことになる場合がある

麹町ソフィア歯科クリニックでの
インプラント治療

原因の追求

原因の追求

インプラント治療の目的は、失われた歯の機能と審美性を取り戻すことです。

しかし、そもそもなぜ歯を失うことになったのか?根本原因を改善しなければ、インプラントさえ失ってしまうことになりかねません。そこで、まず歯を失うことになった原因を探り、口腔内環境を改善してから治療を進めています。

事前診査とシミュレーション

事前診査とシミュレーション

インプラント埋入は外科処置のためリスクを伴います。そのため顎の中にある血管や神経の走行を把握しインプラントの埋入位置や深さをシミュレーションし安全かつ確実に手術を行う必要があります。麹町ソフィア歯科クリニックでは必ずCT検査を行い、分析、シミュレーションを徹底しております。

インプラントが適応かどうかの事前診査

インプラントが適応かどうかの事前診査

インプラントは骨が傷を治そうとする力を利用しインプラントが骨に取り込まれていくことで安定します。しかし糖尿病があると傷を治す力は弱く、インプラントが骨にとりこまれず安定しないことがあります。全身的に健康でも栄養状態が不十分だと傷を治す力が弱くインプラントが取り込まれず安定しないことがあります。しかし自分が糖尿病かどうか栄養状態がいいか悪いかはご自身で知ることはできません。

インプラントを埋入して予後が芳しくないと気がつくのではなく、事前に血液検査を行いリスクがないかどうか判断しています。

麹町ソフィア歯科クリニックではインプラント前に血液検査を行い内科医、分子栄養医学専門医との連携により、ご自身がインプラントと長く付き合っていけるかどうか審査し、場合によってはサプリメントを処方し栄養状態を改善して埋入処置を行い長期的に安定したインプラントとの付き合いができるようにしています。

噛めてこそのインプラント

噛めてこそのインプラント

インプラント治療は外科処置にばかりフォーカスされがちですが、お口の中で機能し長く使えるには冠の形態や噛み合わせなど総合的な判断が必要です。

インプラントが適切に骨と親和しても冠が不自然な形態だと物が詰まりやすかったり、ホームケアがしづらくインプラント自身が歯周病にかかり脱落してしまうトラブルになる場合もあります。麹町ソフィア歯科クリニックでは経験豊富な歯科医師と専門性の高い技工士との連携により自然で噛めるインプラントをご提供します。

インプラントはよくも悪くもとても丈夫なので適切な力が加われば長期に使用することが可能ですが、力を考慮せずに機能させてしまうと他の歯がダメになったりインプラント自体がダメになるトラブルが起こる場合があります。

麹町ソフィア歯科クリニックでは、事前の咬合診査を行うことで噛み合わせに考慮したインプラントを心がけております。場合によっては矯正医との連携により矯正治療を伴うインプラント治療に踏み切る場合もあります。

インプラントと長く
つきあっていくために

インプラントと長くつきあっていくために

歯科治療のどれにおいてもいえることですが、治療が終わった時が始まりです。ご自身のインプラントを長く快適に機能させるためには日々の予防が大切です。ご自身でのホームケアと衛生士が行うプロフェッショナルケアの両輪でサポートしていきます。担当の歯科衛生士にお気軽にご相談ください。

「失った歯の代わりをつくる」ただそれだけではなく、患者様の将来的な利益を考えた上で、最適な治療プランをご提案いたします。