小児矯正

Kidsorthodontics 将来を考えた小児矯正治療

「子どもの4人に3人は正常な歯並びではない」といわれています。歯科領域に関しては、専門家の目線をしっかり取り入れなければ、正しい発育を望むのは難しいでしょう。

大切なお子様が歯並びのことで悩んだり、コンプレックスになったりしないよう、さらに全身の健康・バランスのためにも、幼いうちから適切な治療を受けていただきたいと思います。そのきっかけに、私たちがなれれば幸いです。同じ母親として、子どもたちのお口のお悩み相談や知識の啓蒙を行っていきたいと考えております。

こちらでは、麹町ソフィア歯科クリニックの小児矯正に対する姿勢や、小児のうちに矯正に臨む大切さとメリットについてご案内いたします。

小児期の矯正治療を大切に考えています

なぜ小児期なのか?

なぜ小児期なのか?

矯正治療は長い時間と費用のかかる治療です。どんなに簡単な装置を使ってもお口の中に異物が入るわけですから虫歯や歯周病になるリスクを伴います。それでも、お口の屋台骨となる歯並びや噛み合わせが良いことは、その後の人生において虫歯や歯周病にかかるリスクから歯をまもり、お口全体のバランスを整え、全身の健康につながるはずです。長い人生において幼少期から歯並びが整った環境でいられることは大きな財産になると考えます。

お子様の負担を考えた治療

抜歯か非抜歯か

抜歯か非抜歯か

成人になってから矯正をする場合、顎の成長はほとんど見込めないため、歯を抜いて綺麗に歯を配列していくという治療の選択になる場合があります。しかし顎の成長が見込める子供の場合、永久歯を抜歯せずに治療をすすめることができる可能性があります。

装置の選択肢

装置の選択肢

顎の成長が見込める場合、装置の選択肢は広がり、夜間だけ装着するタイプのものや、取り外し式のものなど本人にかかる負担が少ない装置を選択できる可能性があります。

治療期間の問題

治療期間の問題

成人の矯正は抜歯をする場合もありますが、2年~3年の治療期間が一般的で歯科医師の介入期間は最小限かもしれません。しかし小児矯正は顎の成長とともに行うことで抜歯を防いでいくため、永久歯が生えそろうまで通院が必要です。その期間、専門家がしっかりと介入していくことができますが、通院期間は長期化してしまいます。どちらがご家族やお子様にとってプラスになるか、よくご相談させていただいています。

麹町ソフィア歯科クリニックの小児矯正

麹町ソフィア歯科クリニックの小児矯正

上記で述べたように、永久歯が生えそろうまで治療を行うと通院期間は長期化します。しかし、この時期のお子様のお口は虫歯などにかかるリスクが高く、歯並びを整える治療だけに重きを置いて通院していては逆にお口の健康を害してしまいます。歯並びを治すこと、虫歯から歯を守ること、歯周病を予防すること。当院では、歯医者さんにたくさん通うのだからこそ学べることを一緒に学び、実践できる環境作りをしています。

お子様を想うご家族のために……

お子様を想うご家族のために……

院長も、現役の母親です。ご来院くださったすべての保護者様とは、同じ「親」目線でお話しさせていただいております。親として、お子様のからだや歯が適正に成長していくのかご不安に思われるのは当然のことです。また、どうなっていくのか予測できないことによるご不安もあることでしょう。

保護者様のそうしたお気持ちに寄り添い、一人ひとり異なるお子様の成長具合や現状、そして今後の想定をお伝えすることで、ご不安を解消するよう心がけております。